2007年04月08日

抜歯で抜糸

3月26日に右上奥歯(奥から3番目)の抜歯をしたグレイですが、 抜いたあとは縫合したので 2週間後の今日、抜糸をしてきました。

縫合したところもきれいになっているということで、 本日から歯磨きをしてもよいそうです。


それと もう一箇所、 抜糸がありました。



070408s-DSC02101.jpg

ここです! ・・・って よくみえないですよね〜



右前足の バリカンで毛が刈られているところなんですが・・・






もっと 近づいて・・と、

070408s-DSC02100.jpg

この写真は 9日前の写真です。 右前足の3×7mm位のしこりのようなものを  抜歯で入院した時に一緒に切除しました。
一針縫ったので 糸がでていますね。






犬 グレイの右前足に、米粒大のポツンとしたしこりを発見したのは2年半位前のこと。 
毎朝の起床時に グレイの全身をマッサージしてあげることが多いのですが、 発見した時は ドキッとしました。


あわてて 病院にいきました。


触診して 多分おできのようなものだろう。 念のため 針をさしてみてもなにも取れないとのことでした。


その後、病院に行くたびに 大きくなっていないかとか、 再度細胞診を試みてはいましたが、 針ではなにも取れないようでした。


しかし、 いずれにせよ ほんの少しでも紛らわしいものは取っておいたほうが良いので 歯石とりとかで、麻酔の機会があればその時一緒にとったほうがよいでしょう、とも言われていました。







病院 はからずも今回 抜歯で全身麻酔をすることになり、 それほど時間もかからないので 一緒にとってしまいましょうということになったのです。


問題は無いと思いますが、念のため病理検査に出しておきますと言われていた結果もでていました。



 

いただいた病理組織検査報告書によると、

下 の写真と共に、

070408s-DSC02150.jpg




【アポクリンのう胞】 皮脂・アセなどのアポクリン腺由来のもの。 非腫瘍性病変で、悪性所見はありません。

と書かれていました。




先生の予想通り問題はなかったようで 一安心です。




抜歯後の抜糸と 前足のオデキ切除後の抜糸・・・ 2箇所の抜糸も無事終了し  2日後以降はシャンプーOK。



ボール遊びも 晴れてOKですってよ〜 ぐー  犬(笑) 野球 サッカー




この2週間 ボールを隠されちゃったので、 走っていないのよね〜。 犬(泣)





.

ニックネーム GUU at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | からだのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

抜歯で入院

3月26日、グレイは右上奥歯の平板破折の為、抜歯することになりました。






20日ほどまえ、従姉妹の家に遊びに行く時運転しながら、隣にいるグレイが あれ? いつもと違って 今日は口臭があるなぁと感じてはいました。

胃の調子が悪いかなぁ、でも便の調子もいいし、とくに消化の悪いものも食べていないしなぁ・・・・とは つらつら考えていました。




夜帰宅後 歯を磨こうとしたら、 奥歯が少しぐらつく感じ。
えー? たいへん! 歯槽膿漏かしら??


翌日 早速病院にいきました。


診ていただいたところ、 歯槽膿漏とかで、歯の根元がぐらついているのではなく、歯の表層がうすくはがれているということでした。
歯茎の具合から診て ごく最近になったものでしょうと言われました。



犬の歯は表層がはがれ易く偶発的に割れやすいらしいのですが、直近では私の見ている範囲では 硬いものを齧ったとかはしていないので、(ラム骨のおやつも11歳になってからは年齢的にも中止の方向にもっていっておりました。この5ヶ月で、計2回。最後の1回は、 数週間前に短時間1回あげましたが、それからだいぶ日数も経っての今回のことなので、)直接的な原因はよくわかりません。




グレイの場合は、特に痛がっているふうでもなく、 食事を食べる速度も遅くなったりもしておらず、 医師が試しに2粒ほどフードをあげたら、カリカリと食べているということで、 すぐにということではないが、このままにしておくとそこから菌が入ったりする場合もあるので、抜歯したほうが良いでしょうとのことでした。




そこで、一昨日の26日抜歯の為入院となりました。(一泊二日です)




ヒトと違って動物の場合は 全身麻酔になります。



予約どおり 14時半に病院へ。

事前に スケジュールは伺っていたので、 グレイを預けたあと私は比較的病院に近い従姉妹のKちゃん宅で待機させてもらうことにしました。

車で移動しながら、今頃は 事前の血液検査の結果をみているころかしら・・などと思っていました。




15:08 主治医から 携帯電話  『直前の血液検査にも問題はないので、これから ゆっくり麻酔へと誘導していきます。』


私『はい、先生 どうぞよろしくお願いいたします』




ぐーちゃん ボスがついてるからね、がんばるんだぞ〜







17:21 主治医から 携帯電話  『全て無事終了しました。 グレイちゃん 今麻酔からさめつつあります。 まだちょっとフラフラしているような感じですが 元気ですよ』


私『ありがとうございます!! 面会には 何時ごろ伺ったらよいでしょうか?』

『そうですね、 19時には麻酔から完全にさめてしっかりしているでしょうから その頃お越し下さい』





はぁ〜〜〜〜  よかったぁ〜〜〜〜





事前に 『昨年12月に11歳になった時の健康診断で特に問題はなかったので、 シニア犬ではありますが、全身麻酔にも問題はないと思います』 とは言われていたのですが、それでもね〜・・・・


でも Kちゃん宅で待たせてもらったので、ひとりで あれこれ心配しているよりも おしゃべりしたりして気が紛れたりして 本当に助かりました。 心強かったです。 Kちゃん、ありがとうね。




19:00 面会

070328s-DSC02062.jpg
 
ボス〜〜




070328s-DSC02065.jpg

よくがんばったね〜〜 えらかったね〜〜

元気そうな姿をみて ほっとしました♪


070328s-DSC02069.jpg



それでも 面会室のドアを鼻でつついて、ここから出る〜、早く帰る〜 と訴えます。

グレイを抱いて面会室をでて、 受付ロビーから外を一緒に眺めながら、 明日は流動食が食べれるってるんるん、 明日必ずお迎えにくるからねexclamation とぐーをなだめます。


主治医は 他の患者さんの処置中でお会いできませんでしたが、グレイの元気な姿を見たので安心して 30分間の面会を終えました。







犬  翌27日午後 おかげさまで 無事退院しました

070328s-DSC02075.jpg

駐車場で車に乗り、これで おうちに帰れるのねexclamation×2 と笑顔のグレイです





.

ニックネーム GUU at 13:50| Comment(4) | TrackBack(0) | からだのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする