2006年12月23日

手作りごはん「グレイの食卓」6.

 「グレイの食卓」について  :  ある日にグレイが食べたもの全てを書き記すことによって、日常 どんなものを どんな量、どんな風に食べているかを実際にご覧いただければと思っています。



信号 グレイのごはんは 手作り骨付き生肉食です。

     只今11歳のグレイの手作りごはん歴は4年目も終盤に入っています。





12/21/2006 の グレイの食卓


  



レストラン 朝食



061222s-061220-21 014.jpg

さわらの蒸し物80g、蒸したブロッコリー、茹で縮みほうれん草微塵切り大匙1、みかん3房微塵切り、オリーブ油小匙1、生姜1片微塵切



上 さわら(鰆)は魚編に春と書いて、春を告げる魚として春から初夏にかけてよく出回りますが、この時期の寒さわらも脂がのっていて美味しいですよね。
年末年始の2週間ほどはグレイの食べれる魚が手に入らないでしょうからと、前日のマイワシ刺身に引き続き魚を食べました。
普段は、魚は週1回ぐらいのペースでグレイの食卓に乗ります。

さわらは ブロッコリー、舞茸といっしょに深皿に入れ蒸し器でむしました。 食材からでた蒸し汁ごと食べさせますが、舞茸はエキスだけにしました。



毎回加えているリンゴ酢などのクエン酸ですが、今日は冬みかんです。
微塵切りにして ツブツブをある程度つぶさないと消化されないようです。


バースデー 食後に自家製ヨーグルト大匙1






レストラン 夕食


061222s-061220-21 017.jpg

ラムレバー40g、生白菜微塵切りで大匙1、縮みほうれん草茹でたもの微塵切りで大匙1、手羽先1本、舞茸と白菜でとったスープ40cc、りんご酢小匙1、しそ油小匙1


上 冬の間出てくる縮みほうれん草・・・大好きです。 甘味があって美味しいですよね。 特に赤い根の部分が甘くて好物です。 私の子供の頃のほうれん草は、その赤い根っこの部分が美味しくて好きでした。 いつのまにか西洋種となり、根っこもほとんどついていないし甘味もないものが売られていて寂しく感じていましたが、数年前からこの縮みほうれん草がでてきて、味のあるほうれん草が復活しました。


バースデー 食後に自家製ヨーグルト大匙1




バー このほかに散歩時のご褒美として 茹でたラムレバーを少々たべました。(15x15x4_)


.

ニックネーム GUU at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りごはん 「グレイの食卓」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/645180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック