2006年10月10日

犬のマイクロチップ

犬の鑑札に代わるものとして、マイクロチップの導入が言われはじめてから どのくらい経っただろうか・・・・



mc.jpg





マイクロチップの存在を知った時、私は大賛成であり、すぐにもグレイにもしたいと思ったが 問題はそれを読みとる専用リーダーの普及度合いだった。


読みとる器械が各施設になければ意味を成さないわけで、昨年従姉妹のKちゃん家の小町が入れた時に、地元の獣医師に尋ねたときは 我が家の地域ではまだ普及していないということで、見送っていた。





桜 今年の春だったか・・・ ワクチン接種の際に かかりつけの地元の病院より、 マイクロチップ始めましたという葉書をいただいた。





我が家の地域では 獣医師会主催の里親会での縁組の際、マイクロチップ注入が必須条件になったということで、マイクロチップが地域に普及してきたということだった。
したがって、センターも、 獣医師会に登録している全ての獣医師のところも専用リーダー(読み取り器)を持っているとのことだ。




ならば 迷うことはない。
グレイへの マイクロチップ注入を決めたのだった。






ー(長音記号1)  ー(長音記号1)  ー(長音記号1)


グレイは基本的には呼び戻しは出来ている。しかし、それとて 絶対ではないだろう。 他の犬に追いかけられてとりあえず逃げる場合もあるだろうし、 なにか非日常的な事がおきて一瞬パニックになる場合もあるかもしれない・・・

なにより 私がいない場合の時だってありうる。



そして いちばんの気がかりは災害時なのだ・・・。
一緒にいれば、決して離しはしない心づもりだが、私の外出中に災害がおきて、しばし離れ離れになってしまう可能性だってある。


ー(長音記号1)  ー(長音記号1)  ー(長音記号1)






と、まあ マイクロチップ注入を望んではいたものの、 動物病院に行くのが、 ワクチン接種、狂犬病予防接種の時で、 『近々何もないときにうかがいま〜す』なんて言ったまま さっちゃんの手術となり、延び延びになっていた。


先日 さっちゃんのリハビリ病院への転院の際、 グレイをショートステイで預かっていただいたのだが(嵐のような大雨の日でした)、その時に マイクロチップ注入をお願いしたのだった。






上の実物大の写真のマイクロチップを このような注射器のような専用インジェクターで、 犬の皮下注射の場所である、首のうしろに注入する。


mc_inj1.jpg







ところが、これにて 終了という訳ではない。



この時点で グレイの首にあるマイクロチップの中には 15桁のID番号が入っているだけなのだ。






そこで、このような用紙を渡される。


下 

061009s-DSC01407.jpg






ボカシの部分がグレイのID番号で、 この番号は、 だれだれが飼い主で、住所・пE緊急連絡先(携帯番号)の 飼い主情報と


グレイの 動物情報・・・・名前・生年月・性別(避妊去勢別も)・動物種(犬・猫・その他)・種類コード・毛色コード


注入した獣医師の情報・・・・氏名・免許登録番号・住所・



などを記入する。(病院ですべて記入してくれました)




そして データ登録事務手数料1000円の 郵便振替受領証を添付して、下記宛 郵送することになる。
(動物病院での 注入費用は5000円でした)


061009s-DSC01408.jpg





犬(笑) つまり、 マイクロチップ注入後、更に IDデータを登録してはじめて、 グレイの中に グレイの情報が入るということのようだ。




グレイの場合は 注入後3連休だったりして、 まだ1000円の郵便振替が出来ていない。 連休明けにさっそく 手続きをするつもりだ。







『正式に登録がすんだら またお知らせしま〜す。

アタシの首のうしろに入っているはずなんだけど、とっても小さいらしくて ボスが触っても全然わからないんですって♪』        by グレイ


061009s-DSC01268.JPG


.

ニックネーム GUU at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐ〜ちゃん、マイクロチップ入れたのね。うちもそのつもりで近くで実施している動物病院を検索中なの。それに、犬よりも問題は猫なのよ。猫のほうが災害時に迷子になりやすく、見つかりにくいのよね。だからピッチとふうちゃん、そしてChoco.の順番かな。もっと普及してくれるといいわね。
Posted by 女系猫猫犬家族 at 2006年10月10日 07:48
★女系猫猫犬家族さま
そう確かに犬よりも猫の方が より切実かも・・・
普及の輪がどんどん広がるといいなぁ。
Posted by GUU at 2006年10月11日 00:48
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/495115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック