2006年08月17日

手作りごはん 献立例 -6- 魚編A

060816s-DSC01230.jpg え〜っ? 今夜はおさかな? 揺れるハート




グレイのごはんは 手作り骨付き生肉食です。


只今10歳のグレイの手作りごはん暦は丸3年を過ぎ、4年目にはいっています。

参照信号 グレイの食べているもの、食べている量などの関連記事は 左サイドバーのカテゴリの中の 手作りごはん をクリックしてくださいね。


今までおおまかな素材別に書いてきた献立例の記事を 新しいカテゴリー【手作りごはん 献立例】として 新たなカテゴリーに区分けしましたので、よろしかったらそちらもご覧くださいませ。




今日は 前回書いた 魚編@のつづきです。



魚を食べるにあたって、我が家で実践している基本というか、考え方は魚編@で書きましたので、 そちらもあわせてご覧いただければと思います。

魚編@では 小魚、青魚、廉価と 三拍子揃った 〔しこいわし〕のことしか書けませんでしたが もちろん いろいろな魚を食べています。


魚は特に鮮度が大切なので 生で食べさせる場合は人間の刺身レベルの鮮度の良いものとしています。



しこいわしと同じ青魚系では 季節がかぎられますが、きびなごの刺身
060613s-kibinago2-06.jpg




こちらは 青魚の定番 マイワシです。
人間も同じ鰯の刺身でしたので、三枚におろした中落ちはグレイの分に加えます。
060613s-iwashi06.jpg 真鰯刺身骨ごと100g、中落ち5本分、針生姜、オリープ油小匙1/2、スーパースプラウト微塵切り大匙1、スープ80cc(舞茸となめこと昆布でとったもの)、自家製梅酢小匙1



青魚だけでなく 白身魚の刺身も食べます。真鯛と真鰯です。
060816s-0601鯛鰯.jpg




さより、いなだ、めじマグロの刺身三種
060613s-iwashi06.jpg







レストラン 刺身ばかりでは 食べられる魚も限られますので、たまには 調理した魚も食べます。



蒸し魚です。 これは真鱈を蒸したもの。 生鮭や姫マスなども蒸して与えます。
060816s-DSC01230.jpg 真鱈100g、生水菜、レタスみじん切りで大匙1、アスパラ微塵切りで大匙1、松の実5粒、紅花油小匙1/2、スープ90cc(アスパラ・オクラ・昆布でとったもの)、りんご酢小匙1





焼き魚もごくたまに登場。 
秋刀魚も刺身レベルのものは 人間ともども刺身でたべますが、こちらは 新さんま。 我々が焼いてたべたものの一部を 新物なので御裾分け。
060813s-TS290025.jpg060813s-TS290026.jpg



レストラン 魚の場合も 蒸したり、焼いたり・・と 火を通した場合は骨は除いて与えています。(加熱した骨は消化が悪いそうです)












iモード          iモード          iモード          iモード          iモード







kokuchi01.gif




.


ニックネーム GUU at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りごはん 献立例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/418534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック