2012年01月28日

あなたに伝えたい あの日・・・・・・1月28日

1年前のあの日・・・・2011年1月28日




15年間 私の相棒で居続けてくれたグレイが 天に召されていった。。。。




もう一周忌である。。。。






090607s-09june07 005.jpg





あの日

ちょうど前日の日付が替わる頃・・



もう別れの時がそこまで来ていると感じた私は、 まるで赤子を抱きかかえるようにグレイを腕に抱き お互いに見つめ合った。。。。


実はそれまでの半年間、 毎日一日一回はグレイをこうして抱いて見つめ合うのが習慣となっていた。

御大さっちゃんや お手伝いさんは、 抱かれているグレイはとてもうれしそうだと言っていたが、

私は違うことを感じていた。。。。



グレイの瞳はいつも・・・・

いつも 私の瞳を射るような激しい眼差しだった。。。。




生後2か月で我が家に来たグレイに対し、 来たその日から最初に教えたのは【アイコンタクト】・・・・

名前を呼んでちらっとでも目が合ったら 褒める・・・


これが パピーのグレイに真っ先に教えた、私の躾だ。。。。



なのに・・・

その【アイコンタクト】を教えた私が・・だ。。。。

その私が・・・ この半年の間の グレイの

決して瞳をそらさず、射るように私の瞳の奥底をとらえていつまでも離さない、 あのグレイの眼差しに・・・



思わずたじろいてしまっている自分がいたのだった。。。。




私には わかっていた。。。。



グレイは 半年間という時をかけて・・


少しずつ 少しずつ・・・


私に  別れを  言っていた。。。。






『ボス〜  わかっている?』


『ボス〜  アタシたちは いつまでも一緒にはいられないです』


『ボス〜  お別れの時が少しずつ 近づいてきています』


『ボス〜  アタシは この先 そんなに長くは生きられないと思います』


『ねぇ  ボス〜  わかっている?』


『ボス〜  アタシ  がんばっていますけど・・・  たぶん・・
  ず〜っとは がんばれないと思います』




半年間・・  きまって、先に目をそらすのは 私だった。。。



だけど・・・


だけど  最後のあの夜は


私はもう逃げなかった。。。。



『ぐーちゃん いままでありがとう。。。

  ボスの家に来てくれてありがとう。。。

  15年間 ほんとうに楽しかったよ。。。

  ぐーみたいに いいコはいないよ。。。  ぐーのこと・・ボスはだ〜いすきだよ。。。』



『ぐーちゃんとボスは またきっと会えるよ。。。  絶対に会える。。。

ボスは あとから行くから・・・  だからそれまで 待っててね

ボスは ぐーのこと 絶対見つけ出すから・・

だから・・  ぐーもボスのことわすれちゃだめだよ。。。

また 会おうね。。。。。。。』



グレイは 私に抱かれながら  一言も聞き漏らすまいとしているかのように まっすぐで真剣な瞳で私を見つめ返し、 私の別れの言葉を聞いていた。。。。




090826ssb-09aug26 018.jpg




あれから 一年の時が経ちましたが。。。。


あなたに・・  伝えたい。。。




ボスは・・・  


ボスは 寂しくなったけど・・・


元気で ちゃんと生きています



半年間の 毎日続いたあなたからの別れのメッセージで

少しずつあの日への覚悟ができていったのでしょうし、


最後の夜に 正面向き合って、 ボスからちゃんとあなたへお別れの言葉を伝えられたことも

ボスがこの先生きていく上での 力になっているのかもしれません。。。。




あなたへの締めの言葉は




 やっぱり・・・


ありがとう。。。




090826hs-09aug26 015.jpg









.



ニックネーム GUU at 11:55| Comment(0) | ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント