2011年11月08日

完ソロ満喫@とやの沢 ≪続≫

ゆっくり眠って目覚めると、 2日目も秋晴れ。

朝方はやはり冷え込んだようで、車にいれておいた温度計を見ると車内の最低温度は3度になっていた。 


朝の楽しみの散策に出向く。。。


sIMG_3214.jpg





この日 森の中で、ひときわ目立っていたのが、この方・・・

sIMG_3174.jpg

美しく茜色に染まるイロハモミジ。。。。
薄暗い森を背景にすっくと佇む立ち姿も、なかなかに美しいではないか。。。。 




ゆっくり散策を楽しみサイトに戻ると、  今回のキャンプのふたつ目のテーマの遂行だ。





今日(10月28日)は グレイの9回目の月命日なのだ。


8回目の月命日の時は仕事で朝から晩まで慌ただしく、なにもしてやれなかった。


sSN3D0001.jpg

パビリオンの中で ストーブに火をつけ、昨夜下ごしらえをしておいたグレイのための薬膳チックなごはん作りにとりかかる。


sSN3D0002.jpg

高い木々に囲まれたサイトだが、午前9時も過ぎてくると 太陽が上空にやってきて柔らかい暖かな陽射しをそそいでくれ始める。


ぐーちゃん、できあがりましたよ♪

sSN3D0005.jpg

薬膳チックな秋のごはんと 青菜の白和え

以前つくっていた薬膳ごはんに比べると超簡単バージョンだけど、
キャンプめしだからね〜、 いいでしょ、ぐーちゃん♪


sSN3D0008.jpg
で、これまた以前のように 私もお相伴に与かる。。。。


キャンプ場で過ごす月命日も ぐーちゃんとボスらしくて・・
いいよね。。。。。






さあて 少なくともお昼までは場内ひとりじめ。 





sIMG_3196.jpg

昨日よりさらに進んだと思われる紅葉をながめつつ・・・



陽だまりの中・・
sIMG_3207b.jpg

グレイとの日々に想いをはせる月命日も また楽しきかな。。。。




午後になり 本日からのキャンパー達2組が設営している間に、カメラと三脚を担いでキャンプ場を出て、裏山へと向かう。

sIMG_3222.jpg


しかしながら 台風の影響をもろに受けて荒れてしまった裏山は 前回の訪問時よりもさらに 朽ちた気配がすすんでしまっているようで、残念ながら途中で引き返す。

秋が過ぎ、冬を越して春を迎えるころには、 
なぎ倒された倒木たちも ある程度風化して また以前のような気持ちの良い新緑の森へと蘇ってくれるのだろうか。。。。



場内に戻り 今度はキャンプ場内をくまなく歩き回ってみる。

来春のオープンを待って、 さて春から初夏にむけて、気持ちの良いサイトはどこだろう。。。


あったあった・・・  私好みの広めのサイトが・・・(笑)



受付のテラスで一息いれてらしたオーナーと しばし歓談。

場内をくまなく回ってきたが、 どこのサイトもほどよく独立していて、サイトから直接川へ降りられるようになっていたり、 山側のサイトも段差をうまく使ってあって ちょっとした階段で裏道にでられるようになっていたり 随所に細やかな工夫がしてあって素晴らしい・・・と お話しすると、


開業は17年前。
当時は杉だけしかなかったこの場所を レイアウトして、 モミジなどの苗木をいっぱい植えたんだ。

モミジって言ったって、 1mとかの若木じゃないんだ、 こんな15cmくらいのちっこい苗木を植えたのさ〜。
だから初めのうちは ここに座っていれば全サイトが見渡せたもんだ。


サイトのレイアウト?  まぁ、いろいろ考えるのはきらいじゃないね〜。

でもね、 サイトの手入れって ここ道志ではそうそう出来るもんでないんだ。 
11月の終盤にキャンプ場をクローズして さあ、手を入れようと思っても あっというまに凍結が始まるから。

せっかく手をいれても凍結すると 春にぼこぼこになってしまっているんだ。



オーナーの温かく朴訥なお人柄がしのばれる会話で、 楽しいひと時を過ごさせていただいた。




さて、 二日目の夜は。。。。 

sIMG_3234.jpg ニャーフュアーハンドランタン2ヶで 前方の樹をライトアップ





sIMG_3138.jpg

心おきなく焚火をみつめ 静かで穏やかな月命日を過ごせたことを感謝した。。。。。。





.

ニックネーム GUU at 22:40| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント