2011年11月07日

ソロキャンプ満喫@とやの沢

10月の終わりに、 一段と秋色もすすんだであろう奥道志は とやの沢キャンプ場を再訪してみた。



4回目の再訪となり 予約時に 『おっきいテントの〇〇です〜』というと、オーナーさんに即通じるようになってきた(笑)。


今回はソロだと、あらかじめ話してあったのだが、 
案内されたのはいつものお気に入りの 広〜い27番サイト。

『え〜 ひとりなのにいいんですか〜?』


『土曜日までだから だいじょうぶだよ〜。 あそこは陽当たりがいいからあったかくていいよ〜
それに、 今日はおたく一人だけだし。 明日は他に2組来るけどね。』
『あと、今日は平日だから お風呂は5時から男女入れ替えね。』


『え、 私ひとりなのに そんな長い時間お湯わかすのもったいないから〜。。。 
じゃ、7時頃入っていいですか?』


『わかった、 じゃ7時までに入れるよう沸かしとくね』




なんたる幸運!!   今日は完ソロですと!!

しかも 私ひとりのために あんな大きなお風呂も沸かしていただいて。。。  赤字だね〜  恐縮至極。。。。。。。。。




完ソロと聞いて 胸躍らせながらサクサクっと設営

sIMG_3117.jpg
例によってぐーちゃんのお骨も同道♪



sIMG_3133.jpg
雲ひとつない抜けるような秋の青空・・・


今夜の満天の星に 期待が膨らむ。。。。。 

今回のキャンプのテーマはふたつで そのうちのひとつが満天の星を愛で、なおかつ星空写真への挑戦・・なのだ。



sIMG_3116.jpg
場内の川の水量も 前回訪れた大雨時に比べて 当然のことながら落ち着いている。


陽だまりでのんびりひなたぼっこをしたり 灯りの準備、焚火の支度などを楽しみつつ 夕餉をつくっていると、あっという間に山の陽は落ちていく。。。。

昼間 快晴で暖かかった分、今夜は冷え込みそうだ。。。



私ひとりのために沸かしていただいた大きな湯船にゆっくりつかっていると、

はぁ〜と 身体がほぐれていくのが心地よくもありがたい。。。。。




入浴後はサイトに戻り 焚火前でウィスキーの水割りと簡単な夕餉を楽しむ。

sIMG_3238.jpg


星が出てきた。。。



『ギャッ  ギャッ』  と甲高い悲鳴のような獣の声が川向こうの森の中から聞こえる


これも 完ソロならではの楽しみだ。。。


動物達も気配で分かるのか 完ソロのキャンパーには少し素を出してくれるようにも感じる・・・
以前の東北でもそう感じたし、事実 今回も完ソロでなくなった翌日は声を聞くことはできなかった。


あとでオーナーに尋ねると、あの女性の悲鳴のような短い声は 雄鹿の繁殖期特有の鳴き声だそうである。





さらに夜は更けゆき。。。。


星の数が少しずつふえていき。。。。




やがて・・・     満天の星だ・・・




ここの場内は ところどころに街灯もあり、 真っ暗闇になるというわけにはならないが、 それでも私には十分な美しさだ。。。


ひとりをいいことに  

『わぁ.........』


『きれい,,,,,,,,,,,,,』  


と、 声にしながら夜空を見上げ歩きまわる幸せ。。。。




我が目で十二分に楽しんだあとは いよいよ三脚を持ち出し、 
にわか仕込みの星の撮り方を思い出しつつ あれこれ試行する。


結論からいうと、 かろうじて一枚星空が撮れたのだがまだまだ先は長そうだ。


更なる精進を己に課しつつ・・ 日付が変わる頃 満足して一日目の眠りについたのであった。。。



                           ≪続く≫








.

ニックネーム GUU at 15:25| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント