2010年05月07日

超・超簡単手作りトリーツ

手作りトリーツといえば、仲良しの女系猫猫犬家族さんが、いつも美味しそうな手作りトリーツをblogにあげていらっしゃいます。

お会いすると、グレイもご馳走になりますが、いろいろ工夫されていて感心してしまいます。Clap



このところの我が家では 時間的にも薬膳ごはんで手一杯ということも正直なところ、ありましてね… 顔(ペロッ)

もっぱら我が家のワンコ用おやつは 薬膳にそった、グレイの体調に合った果物を中心としたフルーツ、もしくはドライフルーツが定番です。




このところ、 薬膳ごはんに馬の肺なぞも使っているのですが、 ホリスティックの先生からヒントをいただいて、
超・超簡単exclamation 馬肺おやつを作ってみました。


グレイが食べている内臓は 羊のレバー、豚ハツ、牛レバー、砂肝、馬肺などですが・・・

ハツや砂肝は けっこう脂もあって、トリーツにするには 下処理もひつようです。

レバーも以前は長時間ゆでてトリーツに使ったこともありますが、今は薬膳ごはんで ゆで汁も含めて美味しく食べてます。

で、白羽の矢がたったのが 馬肺・・・・


レストラン 作り方は簡単・カンタン!!

フライパンでからいりするだけです〜。

馬肺のサイコロ状の中心部の赤味がなくなるまでからいりすれば出来上がり〜 
馬肺は脂もないので、べとつかず、 トリーツとしては 使い勝手が上々です。グッド(上向き矢印)

感触としてはジャーキーのようにカラカラにまではしないで、ソフトな弾力のあるグミのようになればちょうどいい感じ


SN3D1237.jpg

ジャーキーと違って、かさもそれ程減らないので、うっかり食べさせすぎの心配もないですね。
グレイには 生で一日10〜15g分までが トリーツとしてあげてよい量かな〜

生で80gほどを作ったので、 2日分を冷蔵保存、残りは冷凍保存としました。

グレイには好評で、すごく喜んで食べますよ〜。 SN3D1238.jpg



冷凍分は冷蔵庫内で解凍(すぐもどります)してから使いますが、ちょっとカサも減りますが、充分美味しくいただけます。(って、グレイがネGood






ニックネーム GUU at 23:59| Comment(2) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
馬肺はまだ使ったことがありませんでした。
脂の多いものは、下処理ちゃんとしないとベタベタして使い勝手が悪いのよね。

今度生肉を買う時に肺も買って作ってみますね。
Posted by 女系猫猫犬家族 at 2010年05月08日 07:18
☆女系猫猫犬家族さま
ふふふ♪
フライパンひとつの3分クッキングだから、SAMIさんには物足りないかもね〜(^_^;)

トレーニングとかで、食い付き重視ならニンニクパウダーをちょびっとまぶしてもいいかも〜るんるん
Posted by GUU at 2010年05月08日 15:53