2006年01月07日

家庭犬としてのトレーニング  

          060107s-2months4.jpg 


私が仔犬のグレイに教えた事

パートナーとなってくれる犬と一緒に暮したい・・・
10年以上前 そんな思いで犬との生活を考え始めた私だが 犬と暮したい!と思ったその日から グレイを迎えるまでの約1年間、 初めて犬と暮す私は周りに犬と生活している友人知人もいなかったので 私なりに書物で調べたりしていた。


そんな時に 一番私の心にしっくりときた本は 
いわゆるトレーニングのプロといわれる人達が書いた当時の躾け本ではなかった。

アメリカで犬を飼い始めた人が、書いた
『イヌは 訓練されてはじめて 犬になる』という本だった。


家族の一員として犬が家の中をウロウロしているのをいつも目にして暮す生活を夢見た著者が アメリカで生後2ヶ月の犬を飼い始めた。
ボストンテリアのゴンちゃんだ。
ところが、そのゴンちゃん 飼い主の夢『平和で心暖まるくらし』への期待をあっさりうらぎって、血圧の上がるおもいをさせてくれるのだ。
「くう、ねる、あばれる」を繰り返す少々攻撃的なゴンちゃんに途方にくれた飼い主が アメリカ流トレーニングと出会い ゴンちゃんとともに家庭犬へと進む道が 具体的にわかりやすく書かれている。



印象的なのは 次の一文だ。
「ゴンが可愛くなったのは、やはり訓練によって、憎たらしいと思えた部分が削られていったからだと思う。」



今、改めてこの一文を目にすると 
手に負えなくなって 捨てたりセンターへ持ち込む人があとを絶えない現実を耳にするにつれ、
 
今、現在犬を飼っている人々が・・・そしてこれから犬を飼おうと考えている人々が 
家庭犬としてのトレーニングをちょっとすることによって平和で心暖まるくらしを享受し、そして終生愛犬をそばにおいてくださるよう・・願わずにはいられない。




060107s-book.jpg



大のお気に入りの本で、グレイのあとに犬を迎えた友人には紹介したものだったが、なにせ11年前に購入した本だ。
最近よくいわれている肯定強化という意味では、大方の点では肯定強化の方向だが、 Noを教える時や リードコントロールでは嫌悪刺激も多少使うので、やはり トレーニングも時代と共に変化してきている感をぬぐえず、 いつまでも10年前のままの内容ではいけないのかも知れないが、本筋として こうして犬との信頼関係を築いていけば パートナー犬になれるという骨子を 犬飼いの先輩として私にいろいろと教えてくれた、私にとっては忘れられないかけがえのない本だ。


(たまたま ちはりんさんと年末 家庭犬としてのトレーニングの話をしていたら、 彼女も大好きな本だそうで、今でも時々読み返すことがあると言っていたので、この本のことを知っている人がいた!と なんだか妙に嬉しく思ったものである。)


犬は百犬百様だし、飼い主のライフスタイルもさまざまゆえ、各家庭ごとにそれぞれ犬に求めるものも変わってくるのだろうが 我が家の場合はこうだ・・・


仔犬のグレイに教えたことは

トイレトレーニング
アイコンタクト
スキンシップ
抱っこ
オフ
呼び戻し
グレイのおもちゃ以外は噛んではいけないこと
 (もちろん人の手にはうっかり歯が当たってもいけないこと)
お座り
ダウン
ステイ
散歩でひっぱらないこと


そして 私自身が心がけたことは

いつもニコニコしていること
大好きだよって抱きしめる事
一緒に楽しく遊ぶこと
グレイの話しかけにはいつも応じること



などだったと思う。
あ、そうそう 知らない人ともすぐ親しくなれるように 握手も教えたんだ。 犬に慣れていない人でも ぐーちゃん握手♪で 握手されるとけっこう和んでいただける・・・





なにせ、パートナー犬を目指すわけだからして、

基本的に可能な限り(つまり、先様が受け入れてくださる場所であれば)一緒に連れて行きたいと思っていた。ゆえに 私とグレイにとって ダウンステイでおとなしく待てることは必須だ。

当時私の仕事の関係で グレイと一緒にいられる時間がかなり限られていた。だからダウンステイでおとなしく待っていられれば、銀行にも一緒につれていけるし、ちょっとした書類をとどけるぐらいなら相手先の会社にも連れていける。 店先から2〜3mの目の届く範囲(それ以上の距離だと いたずらや誘拐?がこわい)で買い物・支払いを済ませられる商店ならば、店先でステイで待たせておけるので、買い物にもつれていける。 
より多くの時間をグレイと共有できるというわけだ。


トイレトレーニングでは 
我が家では仔犬の時にグレイがトイレでしゃがんでいる間 『トイレ、トイレ、トイレ、トイレ・・・』と呪文のように唱え続けていた。 
結果、「ぐー、トイレ トイレしておいで・・」と言うと 小走りにトイレに走っていってしてくれるので、 車で一緒に出かける直前や留守番をさせる時など非常に好都合だ。


オフは 本当に便利で いろいろな状況で使える。
  今現在いる位置より離れて欲しい時にも使えるし、
  咥えているものを離して欲しい時にも使える。


私がオフを教えた方法は、
我が家にきてすぐの仔犬の時から教えたはじめたのだが 
1.まずグレイを『抱っこ』で抱いて  
2.大人しく抱かれていたら 当然ベタ褒め(笑)
3.降ろす時に 『オフ』といって降ろす
4.こちらも 降ろしたと同時に 『オフ・・いいこね〜』と 『オフ』の言葉を刷り込みながら 過剰にベタ褒め(汗)

これを 繰り返していくと 『オフ』イコール 離れること と覚えてくれた。
あとは いろいろな状況で オフ・ベタ褒めを繰り返したというわけだ。  


ほどなくひととおり覚えてくれたグレイを連れて 旅行を楽しんだり、なるべく多くの時間を共に過ごせるようになり 日々の生活の中でグレイは文字通り私のパートナー犬となってくれていて、現在に至っている。

ダメな時は ダメッと きっぱり強く叱ってきた(もちろんその後の褒めるフォローもぬかりなく)が、幸いグレイはノーテンキと言おうか 叱られ強い。
怒られた時は、ゴメンナサイのポーズですまなさそうにはするのだが、そのあとケロッとしているので助かったものだ。
だが、 ここ数年は叱る必要もほとんどないし、犬用の短いコマンドも人用の日常会話に取って代わりはしたが、年毎に信頼関係はますます深く(多分ね・・犬(笑)顔(チラッ))なっており、まちがいなく私のかけがえのない相棒だ。


しかし 課題もあるのだ!
2006年は 次のことをトレーニングの課題にしよう・・・

1.初めての犬に対する犬見知りへの 脱感作
   昨年後半に行った学校の6回のトレーニングでポイントがだいぶわかった。今年は更に実践したい。

2.臭覚訓練
   現在10歳のグレイが いつまでも若々しく、歳をとっても楽しく遊べるように、今年から挑戦。 1月5日にはじめの一歩で トレーニングを開始した。経過はまたブログに書いてみたい。

3.車で犬が変わる問題
   家や外出先では聞き分けが良いのに 何故か車にのるとうれしくなって興奮し犬が変わる。5歳位からだ。 当初に私やさっちゃんの対応に何か問題があったに違いない。 いままでいろいろ試みたが、イマイチだ。ずっと課題だったが、今年も課題だ。


初詣にて。  グレイよ 何を想うているのか・・
060107s-DSC00363.jpg
 

ニックネーム GUU at 15:12| Comment(4) | TrackBack(6) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
guuちゃんがちいさい時の子育て方法、すごく勉強になりました。
トイレの呪文(笑)、こうするとおトイレしてほしい時にいいですね^0^
やってみたいです^0^
Posted by 華ママ at 2006年01月08日 00:36
★華ママさま
ふふふ・・呪文 便利です。^^
呪文を唱えられると トイレしたくなっちゃうみたいで、たいしてしたくない時でも
とりあえずトイレでしゃがんでチョビットでもしますから・・ 笑えますよ〜 ^^
Posted by GUU管理人 at 2006年01月08日 15:02
素晴らしいと思います。
家庭犬に必要なのは、各家庭に沿った教育。
生活環境も趣味嗜好も細かく言えば間取りも違うんですから
「うちの子に合ったこと」
「うちの子に望むこと」
「うちの子が望むこと」
この応用でいくらでも方法はあると思います。
グレイちゃんは良いお手本ですね!!
Posted by ちはりん at 2006年01月09日 07:33
★ちはりんさま
お手本だなんて おそれおおいです〜 
犬社会への適応はイマイチですし・・・^^;

でも 今年は脱感作がんばりますので また勉強させてくださいね♪
Posted by GUU管理人 at 2006年01月09日 21:49
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/157265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

温かい応援 幸せ者のジャック
Excerpt: ブログ公開した途端、こんなに沢山の方々の温かいお言葉を頂き 感謝感激雨あられ状態のちはりんでございます。 中でも記事として取り上げてくださったGUU様、女系猫猫犬家族様、 犬猫屋敷の管理人様本当にあり..
Weblog: ☆4パピママの預かり日記☆ジャック君の里親探し
Tracked: 2006-01-07 16:41

ディーくん代官山でびゅ~?!
Excerpt: 久しぶりに青空が広がった昨日、DJは代官山のドッグカフェに行ってきた …………らしい。 なぜ「らしい」かというと、管理人は家で他の2頭と留守番だったからだ。 ことの起こりは数日前…… ..
Weblog: 犬猫屋敷の管理人日記
Tracked: 2006-01-08 01:12

ビビリの犬とのくらし方 その12
Excerpt: ポセイドンの場合 お散歩編 その2 さて、前回のブログでは具体的にやってきたことが明確ではなかったような気がします。そこで、今回は具体的にポセが散歩が出来るまでにやってきたことを書こうと思いま..
Weblog: アキレス君の家族探し
Tracked: 2006-01-08 17:58

メッセージ
Excerpt: 正月早々日記に書いたとおり、姫のトイレ成功率が年末年始でがくんと下がった。しばらくのあいだ快調にとばしていたにもかからず、とつぜん管理人の部屋のとんでもないところでするばかりか、廊下やキッチン、ついに..
Weblog: 犬猫屋敷の管理人日記
Tracked: 2006-01-08 23:59

バイク
Excerpt: Choco.はバイクが苦手。どのバイクでもか・・というとそうでもない。原チャリが割りとだめかな? バイクが通ると '''吠える!''' ことが多い。 ..
Weblog: ピッチとふうとChoco.
Tracked: 2006-01-09 11:04

お勉強しましょ!~その4~ご褒美と褒めるの関係
Excerpt: ちかごろのしつけ本の主流は「褒めてしつける」肯定強化(陽性強化)に関するものだ。そのほとんどが、食べ物を褒美に使うと良いと書いている。ところが、なぜ食べ物を褒美として使うのが有効かという理由についてき..
Weblog: 犬猫屋敷の管理人日記
Tracked: 2006-01-10 01:28