2008年05月19日

ホリスティック医療受診 その1

前回の記事に書いたように 飼い主的に少々気になるところもでてきた12歳6ヶ月のグレイ・・・




5月13日は 初めての ホリスティック医療 の受信日でした。

予約をとったのは1ヶ月近く前でした。




W先生は 獣医師ではありますが、 ホリスティック医療の中でも 中医学にもとずいた治療 をする先生です。



あらかじめ メールでのやりとりで、 グレイの現況と飼い主である私の気になる点はざっとお伝えしてはありました。









往診専門の先生で 自宅まで来て頂けます。 
約束の時間に最寄り駅までグレイと一緒にお迎えにいきました。





駅から自宅までの5分足らずの間に 先生はグレイの歩様をごらんになって、



『歩き方のバランスはいいですね、悪くないとおもいます。』

『毛量が少ない、もっとあっていいと思いますが、 12歳半にしては元気ですね。』





自宅到着後、 まずは問診からです。
再度 西洋医学でのグレイの現況と気になる点を詳しくお話します。


先生からも 現在の食事 性格 既往症 日々の生活の様子などの質問がありました。








いよいよ グレイの診察です。


グレイの身体を触ったり マッサージをしたり 気功をしたり・・・

グレイは以前、気功は受けたことがあります。

ほどなくリラックスして とても気持ち良さそうです。






グレイは 気の流れが悪く 身体が冷えているとのことです。

毛が逆立っている部分も血流が悪いのが原因と言われました。



膵炎に関しても 症状がでていないので軽い炎症をおこしているだけで、 直るでしょうとのことです。





カイロプラクティックに関しては 以前は骨を調整する施術を行なっていたが、 その後 骨よりも筋肉を緩めて調整する施術の方が 効果が持続してより有効ということがわかったので、今は筋肉からのアプローチをしていますという説明もありました。


この点は 中学生から腰痛もちの私は、 今まで カイロ 気功 鍼 指圧などかなりいろいろな体験をしており、 長年の体験から やはり筋肉だ!という感触を強くもっていただけに とても得心のいくお話ではありました。









このあとは 鍼治療に入りました。




0805018s-DSC03828.jpg


鍼治療がはじまりました。

まずは 頭に3本・・・  スッ スッ・・と すばやく鍼がはいるので、 本犬は  『なに? なに?』 と、きょとんとしてました。


背中にも 鍼がはいっているのですが、 この写真ではちょっと見ずらいですね。

 



          soon  ・・・・続く 



犬  アタシがこのあとどうなったか・・・【続き】 も見てね♪ 




.

ニックネーム GUU at 01:25| Comment(0) | からだのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント