2005年12月07日

手づくり食にしたわけ

グレイの食事は 手づくりだ。
現在10歳になるのだが、7歳になるまではドッグフードを食べていた。



11月27日の日記に あるきっかけがあって手作り食を始めたと書いたが そのきっかけとは グレイのストラバイト尿結晶だった。

私がグレイのフードを意識的に増やして体重を増加させてしばらくした5歳の頃だ。 どうも このごろ 排尿の回数が極端に少ないなぁと気になって 尿検査をしてもらったところ、ストラバイト尿結晶と診断された。



原因は 次のようなことが 考えられるそうだ。
1.膀胱炎などの感染により尿のPHがアルカリ性となり 結晶ができやすくなる

2.食事による過剰なミネラル摂取により、 尿中にリン酸やアンモニウム、マグネシウムなどが多量に増え、結晶化する

3.尿のPHが酸性・アルカリ性のどちらかに偏ると 結晶ができやすくなる

4.飲水量が少なかったり、トイレに行く回数が少ないと尿が濃縮して 尿結晶ができやすくなる



三日月    半月    やや欠け月    満月

そして 処方食による治療がはじまったのだが、
いろいろフードも変えてみたが、 全量をフードにすると再発するので、併用して 結晶が出来ない処方食とフード比率を探りつつ、 結晶が出来ないような比率を探る状況が長く続いた。 しかし、尿のPHは高くなりがちで(アルカリ尿)、 処方食をやめることは出来ないのだった。

医師から 大きな原因として 食物による過剰なミネラル摂取(特にリン酸、マグネシウム)に起因するということを 説明されたので、
手作り食の是非を その医師に尋ねたが、

『それは 無理でしょう。 手作り食で、リン酸 マグネシウムを取りすぎず、栄養のバランスをとるのが 非常に難しい』と 断言されてしまった。

処方食を食べ続けることのリスクも 同じ医師から伝えられていただけに、私としても では どうしたら良いのかと 途方にくれた。


当時私なりに 手作り食のことをいろいろ調べてみたが、
大型犬で手作り食をしている方のHPはあったが、 どれも 健康なワン達の例で、 グレイのように 疾患をかかえている犬の場合 どのように ドライフードから手作り食に移行していけばよいのかが 全くわからず 踏み切れずにいた。(リン酸やマグネシウム過多の食事はストラバイト結晶には良くないとされていたので、いきなり普通の手作り食に変えてしまうのは危険だったのだ)


そうこうしているうちに、 医師から言われていた処方食を食べ続けることによるリスクの症状のひとつが、ごく軽度のようだったが出てきた。

そして どーんと1ヶ月分の薬が処方された。



このままでは 薬漬けになってしまう・・・

グレイのストラバイト尿症が 食事に由来するものならば、 その食事を改善して、 
私が絶対直してやる・・・と 心に決めたのだ。




ストラバイト尿症の発症から 既に1年半以上経っており、 当初のころよりも 手作り食をしていらっしゃる方々もだいぶ増えたようで、ネットでの情報量もふえている感じがした。 

大まかに手作り食とはどんなものがあるのかや、 犬に必要な栄養素などの情報量も以前よりは多く、とても有難かった。




ほどなくして、  神様の微笑み・・・

なんと 同じコーギーで、同じストラバイト結晶で 手作り食に変えた事によって ストラバイト結晶が直ったという方のHPが見つかったのだ! (最近は更新されていないようで残念です)


藁をもつかむ思いで BBSに書き込みをさせていただいたところ、ご親切にも メールでいろいろ相談にのっていただけることになった。

以降 数ヶ月に渡って、往復20通ものメールで私にお付き合いくださった。
いまでもそのメールはプリントアウトして保存しており、私の大切な宝物だ。このH.J子さん無くして 手作り食への移行は出来なかったに違いない。 
H.J子さん 本当にありがとうございました、心より感謝しています




三日月    半月    やや欠け月    満月

先日の健康診断でも、 尿検査の結果は すべて正常値で もちろんストラバイト結晶も出ていない。

ストラバイト尿症が再発しないよう 日々食事で気をつけていることがあるのだが、 次の機会に書いてみたいと思っている。



051207s-glay photo 002.jpg
 
今日の夕ごはん 刺身三種 鯵、きびなご、くろマグロ(メジ) 生大根葉(若葉) 生きゅうり 
ゆで春菊 紅花油 自家製梅酢 スープがなかったのでただの水



          .

ニックネーム GUU at 23:07| Comment(10) | TrackBack(1) | 手作りごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウオッウオ〜ッ(TT▽TT)
ウチも実は同じような理由で始まったのです〜〜(以下長くてスミマセン

最初は王子の皮膚疾患でした。
ワタシはアレルギーではと疑いましたが、脂漏性皮膚炎という病名をつけられても、医師の診断では原因があやふやで@@)
こりゃ〜自分でやるしかない。
と、いたし方なく始めたわけです。
で皮膚も良くなって、よっしゃよっしゃと思っていたところ、試しに病院でやってもらった尿検査でストルバイトが出てしまいました。(この時点で手作り1年以上経過)
再発でした。1歳のときにもストルバイトによる膀胱炎になり、そのときもフードを変えました。

ただ今度は手作り食での尿石症再発だったので、医師は『手作りが悪い』『手作り食での尿石症の改善方法をワタシは知らない』と言い、療法食を勧められました。
でもストルバイト用の療法食は全て彼のアレルゲンが入っていたので、結局ダメで。
またまた、いたし方なく、馬肉プログラムへ変更。

今に至っています。
何とかphも血検もクリアしてるし、アレルギー症状も出ていないので、当面これで様子見です。

フードの方が色んな意味で優れている点もあるし、何かあったときに対応ができるし(ワタシの入院とか災害とか)、何より手軽ではありますが、事情があって足を踏み入れてしまった以上、せっかくなのでしばらくはこの道を楽しもうかと。

新しいフードプロセッサーも買ってしまいました。(安物ですが^^;)
Posted by yukari. at 2005年12月08日 03:30
★yukari.さま
ボク王子、いろいろ大変だったんですね〜
確かに、病気とか何かきっかけがないと、なかなか手作り食に入れないですよね。

私も手作り食にどっぷり足を踏み入れてしまったので(笑)、このまま行きますわ♪
Posted by GUU管理人 at 2005年12月08日 23:00
皆さんの手作り食を見て「私には無理!!」と眩暈をおこしておりましたが、始める理由があったんですね。
うちも6歳半のハナに心臓病の兆候が出てきたので気をつけてあげないと・・・
2歳半のサクラは水をあまり飲まないのが気になります。GUUさんのスープを真似して飲ませてみようかな。色々勉強になります。
Posted by はなさくら母 at 2005年12月10日 12:52
★はなさくら母さま
手作り食も 大変なのは最初だけで、 パターンができてしまうと案外楽ちんなんですよ。

手作り食については、すこしづつ細かな事も具体的に書いていきたいとおもっています。
Posted by GUU管理人 at 2005年12月10日 22:48
こんにちは。うちには2歳になるラブラドールレトリバー(女の子)、小雪、がいます。ストルバイト尿石症と診断され、昨日から処方食に変更しました。今まで、手づくり食だったのですが、獣医さんは手づくり食に否定的で、今回の病気は、手づくり食によるものだとは言わなかったのですが、ドッグフードだけにして、と固く言われました。でもでも、やはり手づくり食でなんとかしてあげたい、と思っています。肥満傾向にあるので、野菜中心にしたのが悪かったのでしょうか?手作り食でストルバイト尿石症を克服するコツをアドバイス下さい。わらにもすがる思いです…。ネットの検索でいろいろ調べてみても、なかなか”コレ”といったものは見つかりません。
Posted by 湯浅佳子 at 2007年12月18日 14:08
☆湯浅さま
こんにちは。小雪ちゃんご心配ですね。
グレイが発症した6年前の当時は 過剰なミネラル(マグネシウムとリンのアンバランス)が原因との説明を受けましたが、現在では食事だけでなく、また違った原因も考えられているようです。
(野菜中心の場合も尿のphがアルカリ性に傾きやすく 原因のひとつになる場合もあるということを読んだこともあります。)
7年たつと医学もどんどん進歩しますし、残念ながら最新医療情報を私が把握していないので、(といいますのは、膀胱炎由来のストルバイト以外は、また対処方法が昔とは変わってきているということを、医師からちらっと聞いたりもしていますので) 私の当時の方法が 果たして適切なアドバイスとなりますのか・・・。



我が家の場合は 水分量を多くとるように心がけましたが、それ以外にも 毎日起床時、食後の尿のphをはかったり、犬の栄養学の受講、すべての食材のマグネシウム・リンなどの量を調べて献立を作ったりと 結構パワーを必要としました。

(それもこれも グレイの場合はミネラルの過剰及びアンバランスが原因と言われたからで、小雪ちゃんの場合の原因はどうなのでしょうか・・・)


最近は手作り食を推奨する医師も増えてきています。
まずはそのような病院を探されてみてはいかがでしょうか・・


そのうえで、もしまたなにかありましたら、どうぞご遠慮なくご連絡下さいね。
その時は 我が家の当時の献立など、もう少し詳しくお話できると思います。
Posted by GUU at 2007年12月19日 00:24
こんにちは。湯浅です。コメント、ありがとうございました。(パソコンが壊れていた為、今日までネットにアクセスすることができなかったのです・・・)小雪は元気です。水分を結構取るようになってきました。これは、薬のおかげなのか、処方食のおかげなのかわかりませんが、ちょっとホッとしています。来週、病院へいって検査してもらいます。Ph値を計るヤツ、買いました。とりあえず、今の処方食を続けて、病院で検査をしてもらってから、食事は考えようと思っています。ホント、コメントいただいて、すごく心が楽になりました。また、宜しくお願いします。
Posted by 湯浅佳子 at 2007年12月26日 13:14
☆湯浅さま
グレイの場合は当時病院で処方食のみの治療(ドッグフードの処方食の併用)を長いことうけていたのですが、なかなか完治しなくて、手作り食に移行したという経緯がありました。

小雪ちゃんはすんなり直るといいですね♪
またいつでもどうぞご遠慮なく、お待ちしています。

Posted by GUU at 2007年12月27日 01:03
はじめまして。
家には1歳半のトイプードルとゴールデンがいます。プードルが今年に入ってゴールデンはつい最近ストラバイトになりました。
水分量もトイレの回数も問題があったとは思えません。そうなるとフードに疑問を感じ、調べれば調べるほど不信感でいっぱいになりました。獣医の療養食を進めるのにも納得がいきません。手作り食は反対のようですが、最近押し切って手作り食をつくりはじめました。
ゴールデンのほうは量が多いので悩むのですが。
手作り食で改善されている方がいて安心しました。つくりにあたって、分量の割合などはしっかりと計っていますか?使う食材にしても、本によっては結晶にいいと書いてあったかと思えば、ダメと書いてあったり…。
色々とまだわからないことだらけです。よろしければ色々と参考にさせてください。
Posted by ちえ at 2009年05月27日 20:38
☆ちえさま
お返事おそくなりました。
はじめまして♪ ワンちゃん2頭ともストラバイト・・ご心配なお気持ちお察しします。

私も試行錯誤しながら手作り食をはじめましたが、分量は比較的きちんと計っていました。
そして 尿のPHをはかる試験紙を使い、毎朝の一番尿のPHをはかって食材のバランスなどの可否の参考にしたりしてました。

当時は フード派の獣医師が大半でしたが、賛成といえないまでも手作り食に理解を示す獣医師を見つけ、ときおり尿検査、血液検査などをしてもらい健康状態を確認しつつ 進めていきました。


現在のグレイは 同じ手作り食でも5年以上続けた生食から薬膳ごはんへと移行しています。
母親が我が子に身体によいものを食べさせたいとあれこれ勉強したり実行するのと同じように、 グレイにもその時々の状況に応じてグレイの身体に良いものを食べさせてあげたいなぁと思う日々です・・・・

 
Posted by GUU at 2009年06月01日 02:07
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/135829
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

今日 あたちは
Excerpt: 生まれて初めて つむぎと離れてのお泊りで~~~す漣 つむぎは、明日から石垣島へ逃避行するので あたちは、お友達のおうちに~~~ いってきま~~す
Weblog: はむのひとこと
Tracked: 2005-12-08 13:48