2013年01月28日

【心穏やかに愛犬を見送りたい。。。】 愛犬を見送って2年目の飼い主の心境など・・

グレイ・・  
このブログの主人公・ぐーちゃんが天に召されてから 今日で丸2年経つ・・   ほんとうに はやいものだ。。。




15年間も共にくらしたかけがえのないパートナーを見送ったわけだが、その後の生活に支障がでるような、いわゆるペットロス症候群には ならずにすんでいる・・と思う。



それは・・ 
神様に感謝しているのだが、 幸にもグレイが突然死でなかったこと・・・
そして15歳2か月と、コーギーとしてはまずまず天寿をまっとう・・に近いと 自分で思えたこと・・・
 
(突然死であったなら、自分がどれだけ悲嘆にくれたであろうかは 想像に難くない)



そうなのだ、
【グレイを失った・・のではなく グレイを見送った・・】 と 自分で思うことができた  のが大きかったに違いない。


そう思えるように、そのために、自分なりにしてきたこともあった。

2005年10月5日 グレイが10歳になる1ヶ月前に、このブログを始めたのだったが、
そもそもそれは グレイを見送る心構えを私なりに始めた日でもあった と、今になって確信する。

全ては いつか訪れるグレイとの別れを心穏やかにむかえたい。。。。とスタートしたように思う。

当時の記事【ブログを始めたきっかけ】はこちら


事実、ブログ開始と共に 私の中で 毎日のグレイとの生活を愛おしむ意識がより一層強くなっていったのである。



グレイとの生活を愛おしむ意識がより強まったおかげで、数々の出会いに恵まれたのも感謝である。

以前から [ぐーちゃんは旅いぬだね] と言われていたほど 幼い頃から旅行・ドライブはよくしていたのではあるが、

世間では充分すぎるシニア犬となった10歳を超えてから、
旅行に加えて、更に サークル、キャンプ、ドッグダンス、東洋医学との出会いで気を流すマッサージと鍼治療、生食から薬膳ごはんへと手づくり食の変化・・

とまあ、
 ぐーとの毎日の生活は濃密で充実していて、
本当に相棒だったなと、 今想いだしても頬がゆるんで心が和む。。。。


rb_699bc.jpg


そしていろいろな方々から時折ふと、『ぐーちゃんはこうでしたね』とか 
『あの時のぐーちゃんはこうで、ほんと忘れられません』とか言っていただくのも 飼い主としてはありがたく心が温まる瞬間だ。



しかしながら。。。

 
次のワンちゃんは? との質問には、
とてもその気にはなれない自分がいる。

なぜなら。。。


私の中で、

 グレイは 特別で とくべつで    

           特別なワンコなのだ。。。。



このあと更に何年かの時が過ぎ、
心に響く出会いがもしあるならば そのときは気持ちが変わるやもしれない。

けれど 自分の年齢を考えると・・
その確率は少ないようにおもう。


今はひとさまのワンコを垣間見たり、可愛がらせていただく・・・それだけでうれしい。。。



これは 以前からずっとお気に入りの私の携帯の待ち受け画面だ

rb_548b.jpg


何度もふたりで通った想い出のキャンプ地でのグレイ・・・




実は丸2年たった今でも・・





この屈託のない笑顔のグレイの瞳に。。。


              吸い込まれそうな自分がいて。。。。






未だに この待ち受け画面のグレイの顔を直視できない私がいる。。。。。








.

ニックネーム GUU at 00:25| Comment(6) | ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする