2011年07月20日

河口湖への旅は ぐーちゃんとボスからのお礼と 御大さっちゃんへのお祝い

18・19日と 河口湖へ旅してきました。



sSN3D1686b.jpg
泊まったのは 富士レークホテル  湖に面していてお部屋からの眺めもいい感じです。


ぐーちゃんが亡くなった時 葬儀は私ひとりで 静かに見送ってやるつもりだった。 1月で寒かったし、御大さっちゃんの身体には負担であろうとおもってのことだ。

あの日、1月28日当日、 私はさっちゃん宅で、グレイとともに御大さっちゃんの介護もしていて、 さっちゃんひとり置いて、亡くなったグレイに手向けるお花を買いに出ることも出来ずにいた。

夕刻 グレイの晩年から来てもらっているお手伝いのMさんに連絡したところ、泣きながら今すぐにでもかけつけると言ってくれたのだった。

ちょうど 翌日と翌々日はお手伝いをお願いしている日だったこともあり、 

『実は 明日通夜、明後日葬儀の心づもりでいるので、 もし明日泊まっていただいて、2日間さっちゃんの面倒を見いただけるならば、 私は明日は自宅にグレイを連れ帰って、1日グレイと自宅でゆっくり過ごしたい。。。』 


快く快諾してくれたMさんのお蔭で、さっちゃんをお願いすることができ、 まるまる2日間を我が家で過ごしてくれて、
結果的には 御大さっちゃん共々葬儀にも参列してくれたのだった。




月が替わったのち、 Mさんは
『ぐーちゃんにはほんと癒されましたし、 素直で辛抱強くて、ぐーちゃんからずいぶんいろいろなこと教わりました。。
あの2日間は 私のぐーちゃんに対する感謝の気持ちでお世話になったことで 仕事とは思っていませんから。。。』 
と、頑としてその分のお給料を受け取ろうとしなかった。



そんなこともあって、 
グレイの四十九日である3月18日前後に 法要もかねて
旅にご招待しようと考えていたのだった。


以前は御大さっちゃんとぐーちゃんを連れて年4回は旅をしていたのだし、 旅犬ぐーちゃんのいい供養にもなるだろう・・・


その時探したのがこのホテルだった。
バリアフリーで景色もなかなか。 お部屋についている露天風呂の形状も 御大さっちゃんを介助しながら入れるのに塩梅よさそうだったから。

sSN3D1684b.jpg
露天といっても半露天風呂ですが、窓を解放して湖を眺めながらの入浴は格別です。 
お湯は河口湖温泉だそうで、やさしいお湯でした。






ところが その直前の大震災。。。。


以降 大きな余震や関連地震が富士宮・長野など甲信地方も含め各地で2か月以上も続き
ご老体を連れての旅には不安で ずっと延期になっていた。


そして、 私の仕事とさっちゃんの体調とMさんの都合がようやく合致して 実現の運びとなったわけなのだ。



以上が Mさんへの ぐーちゃんとボスからのお礼の顛末で、
もうひとつは 御大さっちゃんの長寿お祝い。

 
ということで、 

sSN3D1681b.jpg ぐーちゃんも旅に同道




sSN3D1679b.jpg
夜は お部屋の電気を消して対岸の灯りを愛で・・




sSN3D1690b.jpg
御大さっちゃんとMさん・・お楽しみいただけたでしょうか。。。。





.

ニックネーム GUU at 00:00| Comment(0) | ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする