2010年09月11日

歳をとるということは・・

歳をとってきて 差し迫ってくる問題がトイレなのは ヒトもワンも同様だ。

生後2か月で我が家にきて、あっという間にトイレが完璧になったグレイ。
家庭内でトイレの位置を一時的に変えることはもちろん、
旅先のホテルでも 『ぐーちゃん ここが今日のぐーのトイレだからね』と、1回指し示せばまったく問題のなかったグレイ。


そんなグレイだったが 14歳となったころから少しずつ異変が・・・

我が家ではトイレはずっと私の仕事部屋に置いていた。
広くもない家だが、リビングにいると廊下を挟んで10mほど歩く距離だ。

s100911IMG_1926.jpg
犬 ただいまトイレにむかってま〜す




第一段階
まずは 小の方が、歩みが遅くなったために間に合わないのか、廊下の途中の絨毯マットで ジョ〜たらーっ(汗) 

そして 大の方も、もう もよおしちゃいました・・とばかりに、手前でうんちゃんポーズをしはじめるように。

『ぐーちゃん、仕方ないよね〜 ぐーは一生懸命トイレに行こうとしてるけど、早く歩けなくなっちゃったんだもんね〜』 と、
慌ててトイレトレーをもうひとつリビングに置くことに。


s100911IMG_1931.jpg
犬 この廊下が意外とあるんだなぁ、アタシ短足だしぃ




第二段階
しかしながら どうも今までのトイレトレーだと、グルグル回るのに幅が狭くてやりにくそうだ。(つまり足腰が弱りUターンが 今までより大回りとなってきている)

そこで、さっそく同タイプの幅広のトレーを購入

これで、問題解決と思いきや・・・


s100911IMG_1933.jpg
犬 トイレしたいデス〜 開けてください〜




第三段階
ところが、 どうも トイレの直前の絨毯マットにうんちゃんが鎮座ましてます・・ってことが多発

よくよく観察してみると、
原因はペットシーツにあり・・

足腰の筋力が弱ってきて、うんちゃんポーズで踏ん張る時に ペットシーツの表面がすべるのだ。付随して、シーツの裏面とトレーもすべってずれることとなり、グレイにとってはますます足場が不安定でやりにくいということらしい。
(ペットシーツの銘柄を変えてもみたが 滑りやすいのは同じでどれも芳しくない)
だから トイレ直前の足場のよい絨毯マットの上で ふんばるはめになっていたようだ。


s100911IMG_1950.jpg
犬 やれやれ〜 セーフだったわ〜




そこでグレイの足元が滑らないことを第一条件に、アレコレ検索して落ち着いたのがこちら。

s100911IMG_1954.jpg

フローリングに直に置いても 全くすべらないすぐれもの。
今はこちらのメーカーの2種類を使っている。 
どちらも洗濯機で洗える。

この方が滑りにくいが、厚手なので洗濯が乾きにくい。
オシッコの後はペットシーツで吸い取ると表面が乾きやすい。
(洗えるエコシーツなのに、使い捨てペットシーツも両用するのはいかがなものかとも思うが、
ペットシーツに吸い込ませることによって、オシッコの色をチェックもしているのだ)
グレイの場合、うんちゃんもすぐとれば ほとんど汚れない。
(万一、下痢Pの時は・・たぶん悲惨)
私はうんちゃんの跡は バイオチャレンジでスプレーしてすかさずティッシュで汚れを吸い取っている。

一方は やや滑るが、すぐ乾くので便利。
オシッコの跡もペットシーツで吸い取る必要もないくらい速乾だ。



ひとまずこれで、 我が家のトイレ事情は落ち着きを取り戻した・・
さて 第四段階が必要となるものやら・・・・







.

タグ:トイレ事情
ニックネーム GUU at 10:00| Comment(2) | からだのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする