2007年05月24日

手作りごはん 献立例 -7- 野菜編

グレイのごはんは 手作り骨付き生肉食です。


只今11歳のグレイの手作りごはん暦は丸4年を過ぎ、5年目にはいっています。


【手作りごはん 献立例】 では グレイの食べているおおまかな素材別に 我が家で実践している献立の組み立て方、私の考え方などを書いています。


今までは メイン食材である肉類、魚類について書いてきました。
(過去の記事は 左サイドバーのカテゴリの中の 手作りごはん献立例 をクリックしてくださいね。)




今回は 【野菜】 について書いてみたいと思っています。


まずは ワンコが食べられない野菜(ネギ類、玉ねぎ、にらetc) は、除外しますね。




犬 次に、グレイの場合は食べていない野菜類があります。

トマト、ジャガイモ、ナス、ピーマンなどの ナス科の野菜です。

グレイの場合は次のような理由からです。

下

ナス科の植物にはソラニンという成分が含まれているのですが、関節炎などをかかえている動物では、ソラニンへの感受性が増加することがわかっているそうです。ソラニンが筋肉内の酵素の働きを阻害し、痛みや不快感などを引き起こすらしいです。



グレイは現在、関節に炎症などはありませんが、過去にごく軽度ながら脚を痛めたことが数回あります。
また、最近のCT検査でさほど悪くはないと結果がでたものの 仙腸関節に若干のズレがあります。
さらにコーギー特有の体型ゆえ脊椎・腰などに負担がかかりやすい犬種です。

以上のようなことから ナス科の野菜はグレイには与えずに今日に至っています。




犬 上記のものを除いて、あとは日常我々の食べる野菜でよさそうなものをグレイも一緒にたべています。



それぞれの野菜にはいろいろな効用がありますが、あまりとらわれても、あれも良さそう、これも良さそう・・・で、頭がこんがらがってきてしまいます。(あっ、私の場合は・・です!)

なので 時々思い出したように気にする程度で、 基本的には季節の旬なものをいろいろ摂り入れるという方針でやっています。



季節の旬なもの・・ということでも 少し気をつけている点もあります。

秋から冬にかけて、グレイの食卓に良くのぼる野菜を見直してみると、


小松菜、 白菜、 大根、 水菜、 青梗菜、 蕪、 ブロッコリー、 カリフラワー、 キャベツ、 ブロッコリースーパースプラウト、 レッドキャベツスプラウト、


などがよく登場しています。




〔色の濃い野菜〕 と 〔淡い野菜〕 も両方あるし、 〔温野菜〕 と 〔生野菜〕 も両方あるし・・・


で、一見バランスがとれているようなんですが、



これってみんな アブラナ科の野菜達なんです。

下

アブラナ科の野菜は 甲状腺疾患の個体には良くないそうです。
グレイは今のところ甲状腺には問題ないようですが、いずれにしても

アブラナ科に偏らずまんべんなく摂るように心掛けたいと思っています。





犬 じゃぁ、アブラナ科以外の野菜って・・・・・


秋から冬にかけてでは

ほうれん草、 春菊    シュウ酸のこともあるしで、回数はぐっと減るのですが、こころがけてたまに食卓にのぼらせるようにしてます。


人参、 きゅうり、 セロリ、 アスパラ   一年中ありますね


パセリ、 もやし   こちらも年中ありますが、私は忘れがち・・・ 顔(ペロッ)
もっとこころがけなくっちゃ。。。。



春から夏にかけてでは

オクラ、 ゴーヤー、 冬瓜   大好きなので、この時期はよく登場します。

カボチャ      国産物が出回ってきました。


あとは 三つ葉、ごぼう、 そらまめ、 枝豆、 インゲン、 豆苗(とうみょう)、 ソバの芽スプラウト、 モロヘイヤ、 長芋、 里芋、 生姜
なども たまに食卓にのぼらせるようにしています。



070524s-DSC02333.jpg        070524s-DSC02333.jpg
     ハグ・ハグ・・・  フガ......   カプ・カプ・・・・・・ウマ・ウマ・・・・ハグ・ハグ・・・・



.

ニックネーム GUU at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りごはん 献立例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする