2013年01月28日

【心穏やかに愛犬を見送りたい。。。】 愛犬を見送って2年目の飼い主の心境など・・

グレイ・・  
このブログの主人公・ぐーちゃんが天に召されてから 今日で丸2年経つ・・   ほんとうに はやいものだ。。。




15年間も共にくらしたかけがえのないパートナーを見送ったわけだが、その後の生活に支障がでるような、いわゆるペットロス症候群には ならずにすんでいる・・と思う。



それは・・ 
神様に感謝しているのだが、 幸にもグレイが突然死でなかったこと・・・
そして15歳2か月と、コーギーとしてはまずまず天寿をまっとう・・に近いと 自分で思えたこと・・・
 
(突然死であったなら、自分がどれだけ悲嘆にくれたであろうかは 想像に難くない)



そうなのだ、
【グレイを失った・・のではなく グレイを見送った・・】 と 自分で思うことができた  のが大きかったに違いない。


そう思えるように、そのために、自分なりにしてきたこともあった。

2005年10月5日 グレイが10歳になる1ヶ月前に、このブログを始めたのだったが、
そもそもそれは グレイを見送る心構えを私なりに始めた日でもあった と、今になって確信する。

全ては いつか訪れるグレイとの別れを心穏やかにむかえたい。。。。とスタートしたように思う。

当時の記事【ブログを始めたきっかけ】はこちら


事実、ブログ開始と共に 私の中で 毎日のグレイとの生活を愛おしむ意識がより一層強くなっていったのである。



グレイとの生活を愛おしむ意識がより強まったおかげで、数々の出会いに恵まれたのも感謝である。

以前から [ぐーちゃんは旅いぬだね] と言われていたほど 幼い頃から旅行・ドライブはよくしていたのではあるが、

世間では充分すぎるシニア犬となった10歳を超えてから、
旅行に加えて、更に サークル、キャンプ、ドッグダンス、東洋医学との出会いで気を流すマッサージと鍼治療、生食から薬膳ごはんへと手づくり食の変化・・

とまあ、
 ぐーとの毎日の生活は濃密で充実していて、
本当に相棒だったなと、 今想いだしても頬がゆるんで心が和む。。。。


rb_699bc.jpg


そしていろいろな方々から時折ふと、『ぐーちゃんはこうでしたね』とか 
『あの時のぐーちゃんはこうで、ほんと忘れられません』とか言っていただくのも 飼い主としてはありがたく心が温まる瞬間だ。



しかしながら。。。

 
次のワンちゃんは? との質問には、
とてもその気にはなれない自分がいる。

なぜなら。。。


私の中で、

 グレイは 特別で とくべつで    

           特別なワンコなのだ。。。。



このあと更に何年かの時が過ぎ、
心に響く出会いがもしあるならば そのときは気持ちが変わるやもしれない。

けれど 自分の年齢を考えると・・
その確率は少ないようにおもう。


今はひとさまのワンコを垣間見たり、可愛がらせていただく・・・それだけでうれしい。。。



これは 以前からずっとお気に入りの私の携帯の待ち受け画面だ

rb_548b.jpg


何度もふたりで通った想い出のキャンプ地でのグレイ・・・




実は丸2年たった今でも・・





この屈託のない笑顔のグレイの瞳に。。。


              吸い込まれそうな自分がいて。。。。






未だに この待ち受け画面のグレイの顔を直視できない私がいる。。。。。








.

ニックネーム GUU at 00:25| Comment(6) | ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

記しておきたい あの日・・・・・・通夜 

1年前の1月28日、 グレイが15歳の生涯を終えた。。。。

私は 翌29日を通夜、 30日を葬儀とすることに決め、 ペット葬儀の予約をし、さらに、御大さっちゃんのお世話をしてもらうためにお手伝いさんに泊まってもらうようお願いした。


グレイは御大さっちゃんの家で亡くなったので、 (それはそれで、さっちゃんのためにもよかったのだが) 
通夜として、どうしても 自分の自宅にグレイをいったん連れ帰り グレイと二人きりで一日を過ごしたかったのだ。


御大さっちゃんがグレイのそばに居たがったので、 ようやく自宅にもどれたのは 夜になってしまったのだが、 それでも戻れたのはうれしかった。
まずはリビングで 15年間いつも私の傍らにいてくれたように グレイを安置した籠を私のすぐそばに置き くつろいだ。。。。。


そして、 あ、 そうだ・・・  と、
グレイの籠とともに テラスにも出た。

パピーの頃から15年間遊んだテラスだ。
グレイの晩年までは いまのように樹々もなく、ダッシュで走ってボール遊びのできるグレイ専用の運動場だった。


rb_IMG_2105.JPG






そして 居間と仕事場・寝室をつなぐ廊下にも グレイの籠を。。。

朝起きると まずこの廊下を 私が投げるボールをめがけて走る走る、 走るグレイ・・・・

10数年間は走った廊下だ。 グレイの走った名残りの廊下のキズも私にとっては宝物。。。

080907s-080823 016.jpg




寝室では 私の隣に籠を置く。
私の布団で隣にちんまり寝ていたはずが、 気が付くとヤツは布団の真ん中に陣取り爆睡中。 私は布団の端っこで、身体半分はもう畳の上・・・なんてこともよくあったっけ。。。





rb_IMG_3394.JPG
一周忌のグレイ・・思いがけず、一周忌を覚えていてくださった方々からお花を頂戴した。 
幸せなグレイである。。。




こうして 翌日葬儀の日の昼まで、 
グレイと二人きりで 通夜として過ごせたのは かけがえのないひと時であったと思う。。。。



rb_IMG_3396.JPG






.
ニックネーム GUU at 23:20| Comment(2) | ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

あなたに伝えたい あの日・・・・・・1月28日

1年前のあの日・・・・2011年1月28日




15年間 私の相棒で居続けてくれたグレイが 天に召されていった。。。。




もう一周忌である。。。。






090607s-09june07 005.jpg





あの日

ちょうど前日の日付が替わる頃・・



もう別れの時がそこまで来ていると感じた私は、 まるで赤子を抱きかかえるようにグレイを腕に抱き お互いに見つめ合った。。。。


実はそれまでの半年間、 毎日一日一回はグレイをこうして抱いて見つめ合うのが習慣となっていた。

御大さっちゃんや お手伝いさんは、 抱かれているグレイはとてもうれしそうだと言っていたが、

私は違うことを感じていた。。。。



グレイの瞳はいつも・・・・

いつも 私の瞳を射るような激しい眼差しだった。。。。




生後2か月で我が家に来たグレイに対し、 来たその日から最初に教えたのは【アイコンタクト】・・・・

名前を呼んでちらっとでも目が合ったら 褒める・・・


これが パピーのグレイに真っ先に教えた、私の躾だ。。。。



なのに・・・

その【アイコンタクト】を教えた私が・・だ。。。。

その私が・・・ この半年の間の グレイの

決して瞳をそらさず、射るように私の瞳の奥底をとらえていつまでも離さない、 あのグレイの眼差しに・・・



思わずたじろいてしまっている自分がいたのだった。。。。




私には わかっていた。。。。



グレイは 半年間という時をかけて・・


少しずつ 少しずつ・・・


私に  別れを  言っていた。。。。






『ボス〜  わかっている?』


『ボス〜  アタシたちは いつまでも一緒にはいられないです』


『ボス〜  お別れの時が少しずつ 近づいてきています』


『ボス〜  アタシは この先 そんなに長くは生きられないと思います』


『ねぇ  ボス〜  わかっている?』


『ボス〜  アタシ  がんばっていますけど・・・  たぶん・・
  ず〜っとは がんばれないと思います』




半年間・・  きまって、先に目をそらすのは 私だった。。。



だけど・・・


だけど  最後のあの夜は


私はもう逃げなかった。。。。



『ぐーちゃん いままでありがとう。。。

  ボスの家に来てくれてありがとう。。。

  15年間 ほんとうに楽しかったよ。。。

  ぐーみたいに いいコはいないよ。。。  ぐーのこと・・ボスはだ〜いすきだよ。。。』



『ぐーちゃんとボスは またきっと会えるよ。。。  絶対に会える。。。

ボスは あとから行くから・・・  だからそれまで 待っててね

ボスは ぐーのこと 絶対見つけ出すから・・

だから・・  ぐーもボスのことわすれちゃだめだよ。。。

また 会おうね。。。。。。。』



グレイは 私に抱かれながら  一言も聞き漏らすまいとしているかのように まっすぐで真剣な瞳で私を見つめ返し、 私の別れの言葉を聞いていた。。。。




090826ssb-09aug26 018.jpg




あれから 一年の時が経ちましたが。。。。


あなたに・・  伝えたい。。。




ボスは・・・  


ボスは 寂しくなったけど・・・


元気で ちゃんと生きています



半年間の 毎日続いたあなたからの別れのメッセージで

少しずつあの日への覚悟ができていったのでしょうし、


最後の夜に 正面向き合って、 ボスからちゃんとあなたへお別れの言葉を伝えられたことも

ボスがこの先生きていく上での 力になっているのかもしれません。。。。




あなたへの締めの言葉は




 やっぱり・・・


ありがとう。。。




090826hs-09aug26 015.jpg









.



ニックネーム GUU at 11:55| Comment(0) | ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

今日って…

11月15日なわけでして…



ぐーちゃんの誕生日だったな〜


1990年から…

毎年毎年、この日は…


ぐーの写真をたくさん撮って


おもちゃのプレゼントあげたり…

記念の旅をしたり…



15回も、そんな日が過ごせて…




楽しかったな




あらためて…



ありがとうね、グレイ。。。。。
ニックネーム GUU at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

完ソロ満喫@とやの沢 ≪続≫

ゆっくり眠って目覚めると、 2日目も秋晴れ。

朝方はやはり冷え込んだようで、車にいれておいた温度計を見ると車内の最低温度は3度になっていた。 


朝の楽しみの散策に出向く。。。


sIMG_3214.jpg





この日 森の中で、ひときわ目立っていたのが、この方・・・

sIMG_3174.jpg

美しく茜色に染まるイロハモミジ。。。。
薄暗い森を背景にすっくと佇む立ち姿も、なかなかに美しいではないか。。。。 




ゆっくり散策を楽しみサイトに戻ると、  今回のキャンプのふたつ目のテーマの遂行だ。





今日(10月28日)は グレイの9回目の月命日なのだ。


8回目の月命日の時は仕事で朝から晩まで慌ただしく、なにもしてやれなかった。


sSN3D0001.jpg

パビリオンの中で ストーブに火をつけ、昨夜下ごしらえをしておいたグレイのための薬膳チックなごはん作りにとりかかる。


sSN3D0002.jpg

高い木々に囲まれたサイトだが、午前9時も過ぎてくると 太陽が上空にやってきて柔らかい暖かな陽射しをそそいでくれ始める。


ぐーちゃん、できあがりましたよ♪

sSN3D0005.jpg

薬膳チックな秋のごはんと 青菜の白和え

以前つくっていた薬膳ごはんに比べると超簡単バージョンだけど、
キャンプめしだからね〜、 いいでしょ、ぐーちゃん♪


sSN3D0008.jpg
で、これまた以前のように 私もお相伴に与かる。。。。


キャンプ場で過ごす月命日も ぐーちゃんとボスらしくて・・
いいよね。。。。。






さあて 少なくともお昼までは場内ひとりじめ。 





sIMG_3196.jpg

昨日よりさらに進んだと思われる紅葉をながめつつ・・・



陽だまりの中・・
sIMG_3207b.jpg

グレイとの日々に想いをはせる月命日も また楽しきかな。。。。




午後になり 本日からのキャンパー達2組が設営している間に、カメラと三脚を担いでキャンプ場を出て、裏山へと向かう。

sIMG_3222.jpg


しかしながら 台風の影響をもろに受けて荒れてしまった裏山は 前回の訪問時よりもさらに 朽ちた気配がすすんでしまっているようで、残念ながら途中で引き返す。

秋が過ぎ、冬を越して春を迎えるころには、 
なぎ倒された倒木たちも ある程度風化して また以前のような気持ちの良い新緑の森へと蘇ってくれるのだろうか。。。。



場内に戻り 今度はキャンプ場内をくまなく歩き回ってみる。

来春のオープンを待って、 さて春から初夏にむけて、気持ちの良いサイトはどこだろう。。。


あったあった・・・  私好みの広めのサイトが・・・(笑)



受付のテラスで一息いれてらしたオーナーと しばし歓談。

場内をくまなく回ってきたが、 どこのサイトもほどよく独立していて、サイトから直接川へ降りられるようになっていたり、 山側のサイトも段差をうまく使ってあって ちょっとした階段で裏道にでられるようになっていたり 随所に細やかな工夫がしてあって素晴らしい・・・と お話しすると、


開業は17年前。
当時は杉だけしかなかったこの場所を レイアウトして、 モミジなどの苗木をいっぱい植えたんだ。

モミジって言ったって、 1mとかの若木じゃないんだ、 こんな15cmくらいのちっこい苗木を植えたのさ〜。
だから初めのうちは ここに座っていれば全サイトが見渡せたもんだ。


サイトのレイアウト?  まぁ、いろいろ考えるのはきらいじゃないね〜。

でもね、 サイトの手入れって ここ道志ではそうそう出来るもんでないんだ。 
11月の終盤にキャンプ場をクローズして さあ、手を入れようと思っても あっというまに凍結が始まるから。

せっかく手をいれても凍結すると 春にぼこぼこになってしまっているんだ。



オーナーの温かく朴訥なお人柄がしのばれる会話で、 楽しいひと時を過ごさせていただいた。




さて、 二日目の夜は。。。。 

sIMG_3234.jpg ニャーフュアーハンドランタン2ヶで 前方の樹をライトアップ





sIMG_3138.jpg

心おきなく焚火をみつめ 静かで穏やかな月命日を過ごせたことを感謝した。。。。。。





.
ニックネーム GUU at 22:40| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

ソロキャンプ満喫@とやの沢

10月の終わりに、 一段と秋色もすすんだであろう奥道志は とやの沢キャンプ場を再訪してみた。



4回目の再訪となり 予約時に 『おっきいテントの〇〇です〜』というと、オーナーさんに即通じるようになってきた(笑)。


今回はソロだと、あらかじめ話してあったのだが、 
案内されたのはいつものお気に入りの 広〜い27番サイト。

『え〜 ひとりなのにいいんですか〜?』


『土曜日までだから だいじょうぶだよ〜。 あそこは陽当たりがいいからあったかくていいよ〜
それに、 今日はおたく一人だけだし。 明日は他に2組来るけどね。』
『あと、今日は平日だから お風呂は5時から男女入れ替えね。』


『え、 私ひとりなのに そんな長い時間お湯わかすのもったいないから〜。。。 
じゃ、7時頃入っていいですか?』


『わかった、 じゃ7時までに入れるよう沸かしとくね』




なんたる幸運!!   今日は完ソロですと!!

しかも 私ひとりのために あんな大きなお風呂も沸かしていただいて。。。  赤字だね〜  恐縮至極。。。。。。。。。




完ソロと聞いて 胸躍らせながらサクサクっと設営

sIMG_3117.jpg
例によってぐーちゃんのお骨も同道♪



sIMG_3133.jpg
雲ひとつない抜けるような秋の青空・・・


今夜の満天の星に 期待が膨らむ。。。。。 

今回のキャンプのテーマはふたつで そのうちのひとつが満天の星を愛で、なおかつ星空写真への挑戦・・なのだ。



sIMG_3116.jpg
場内の川の水量も 前回訪れた大雨時に比べて 当然のことながら落ち着いている。


陽だまりでのんびりひなたぼっこをしたり 灯りの準備、焚火の支度などを楽しみつつ 夕餉をつくっていると、あっという間に山の陽は落ちていく。。。。

昼間 快晴で暖かかった分、今夜は冷え込みそうだ。。。



私ひとりのために沸かしていただいた大きな湯船にゆっくりつかっていると、

はぁ〜と 身体がほぐれていくのが心地よくもありがたい。。。。。




入浴後はサイトに戻り 焚火前でウィスキーの水割りと簡単な夕餉を楽しむ。

sIMG_3238.jpg


星が出てきた。。。



『ギャッ  ギャッ』  と甲高い悲鳴のような獣の声が川向こうの森の中から聞こえる


これも 完ソロならではの楽しみだ。。。


動物達も気配で分かるのか 完ソロのキャンパーには少し素を出してくれるようにも感じる・・・
以前の東北でもそう感じたし、事実 今回も完ソロでなくなった翌日は声を聞くことはできなかった。


あとでオーナーに尋ねると、あの女性の悲鳴のような短い声は 雄鹿の繁殖期特有の鳴き声だそうである。





さらに夜は更けゆき。。。。


星の数が少しずつふえていき。。。。




やがて・・・     満天の星だ・・・




ここの場内は ところどころに街灯もあり、 真っ暗闇になるというわけにはならないが、 それでも私には十分な美しさだ。。。


ひとりをいいことに  

『わぁ.........』


『きれい,,,,,,,,,,,,,』  


と、 声にしながら夜空を見上げ歩きまわる幸せ。。。。




我が目で十二分に楽しんだあとは いよいよ三脚を持ち出し、 
にわか仕込みの星の撮り方を思い出しつつ あれこれ試行する。


結論からいうと、 かろうじて一枚星空が撮れたのだがまだまだ先は長そうだ。


更なる精進を己に課しつつ・・ 日付が変わる頃 満足して一日目の眠りについたのであった。。。



                           ≪続く≫








.
ニックネーム GUU at 15:25| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

秋色を探して・・・奥道志 -2-

Choco.家にとっては 日程的に、年内最後のキャンプのチャンス・・

ということで 雨予報の中、前半の降水確率の低さにすがりつつ奥道志まで出掛けてきました。


秋色を探してのChoco.ちゃん連れの散策と カメラのスキルアップと まったりすごすことをテーマにして。。。。。




カメラのスキルアップがテーマとかいいつつも 初日はカメラ無しで、

女系猫猫犬家族さんが用意してくれたシチューを炭火とダッチで時間をかけてコトコト・・・


お風呂でゆっくり温まり


焼酎のお湯割りなんぞを少々たしなみつつ焚火の炎をみつめるひとときのありがたさ。。。。。。



翌朝目覚めたら・・


・・・・・  降っていないぞ・・ (嬉!)



先に起きていたChoco.家に 『どうぞお先にそのあたりを一回りしてきてね』 


ところが Choco.ちゃんが 私を待って動かないんですと・・・・


『う〜〜ん 愛いヤツじゃ〜 ♪♪』



早速 カメラ片手に裏山へ



sssami-PA210209.jpg 



sIMG_3049.jpg
苔好きな私。。。。



sIMG_3034.jpg
台風の爪痕。。。



sIMG_3056.jpg
お気に入りのこのスポットは無事で良かった。。。



sIMG_3066.jpg
このお二方の探した秋色は・・・ コチラにてご覧あれ



お昼前から霧雨となり     やがて本降りに・・




ではと、 当初のテーマ、カメラのスキルアップを目指しパビリオンの中で本を紐解くことにいたしましょう。。



ストーブの暖かさの中で スキルアップは遅々として進みませぬが・・



またもや 女系猫猫犬家族さんが用意してくれた、昼は炊き込みご飯、夜は水餃子鍋・・と ぬくぬくストーブの暖かさに包まれてのんびりおしゃべりを楽しみつつ喰らう幸せ。。






sIMG_3075.jpg
後半は雨になったけど、 あまり寒くならなくて Choco.さんには良かったね〜




sIMG_3074b.jpg
場内のいろはもみじは ごく一部の日当たりのよいところだけ真っ赤に紅葉してました





けっこうな降りの雨撤収のおみやげは・・・・




翌日 我が家の屋上で、
 
ssSN3D0017.jpg



風にあおられた、【パビリオン凧】の壮大な舞い踊りであるなり。。。。。。



.


 

ニックネーム GUU at 17:00| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

秋色を求めて・・・奥道志 -1-


ssbIMG_3072.jpg










sIMG_3058.jpg









sIMG_3069.jpg








.
ニックネーム GUU at 23:58| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

秋の【道志の森】@デイキャンプ

先日、道志の森に行ってきました。

IMG_3001.jpg



ここに来るのは 2年ぶりでしょうか。。。


今日は 日帰りなので、 自宅においてこようかなとも思いましたが、
【道志の森】となれば、    やはり・・・・



IMG_3007.jpg

何度もここで一緒にキャンプした、ぐーを連れてこない訳にはいきません。。。




IMG_2999.jpg

池のほとりにセッティングしました。



この場所は2年半まえにも

090222s-09feb.22 003.jpg

設営した場所・・ 2009年2月ですね。



090223s-09feb.22 007.jpg

道志の森にくると、 グレイは
私のもとを離れ 楽しそうにひとりでさっさと遠くの方に散策にいってましたっけ。。。

『アイツ・・ どこまでひとりで行くつもりかしら・・』
 
グレイの姿を目で追う私の心配をよそに、
呼び戻されない程度の絶妙な距離感を保っていた アイツだったなぁ。。。。 






さてさて 話は前後しますが、 今回のデイキャンプは

IMG_3002.jpg

道志の森は行ったことがないというChoco.家をお連れして 場内の森の上の方やら散策してみましょうということでした。


ところが、 到着してほどなく
女系猫猫犬家族さんは 『あれ・・  ここ十数年前にガールスカウトの引率で来たことある。。。』 管理棟の建物を見て思い出されたようでした。


その当時は池もなかったようで、 今とはまた様子が違っていたようです。

腹ごしらえをしたあと、 怪しげな雲をいぶかりつつ、 さっそく散策へ。。。




Choco.ちゃんを 是非連れていきたかったのは、場内の山の上への散策。

そこの突き当りに大きな岩があって、

090315s-09mar.15 009.jpg
これは 2009年3月、 岩にのぼって得意げな顔のぐーちゃんです。

Choco.ちゃんにものぼらせてあげたかったのだけど・・・


先日の台風の影響か木々もなぎ倒され あの大きな岩も 底までむきだしになっており、 周囲の様子は大きく変わってしまっていました。



しかしながら

IMG_3008.jpg

場内の川はすごい透明度で美しく、 いままでで一番きれいだったかもしれません。



秋の道志の森で・・

IMG_3009.jpg

マロン色に染まるChoco.ちゃん♪




最後に

IMG_3019.jpg

3人で記念撮影〜るんるん 





.
ニックネーム GUU at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

小町

rb_IMG_0735.JPG


いとこのKちゃんの最愛の家族・・・ 小町が本日9月7日未明 家族に見守られながら 天に召されました。。。。。
享年13歳2か月でした。


ここ数カ月 病と共に戦っていた小町とKちゃん、 疲れもたまっているであろうKちゃんを私なりに気遣って こちらからの連絡は控えていました。時折様子を知らせてくれていましたが、 便りがないのは落ち着いているのだろうなぁと思っていました。 事実4日前まではまずまずだったようです。

しかしながら 2〜3日前から妙に小町のことが気になって 昨日メールしたところ、夕方電話で様子を知らせてくれました。
3日前まではまずまずだったが、2日前から調子が悪い、でも目にはすごくちからがあるとのことでしたが。。。。

それから10時間後のことでした。




小町は・・・・ 私にとっては 特別なワンコです。



仲良しのKちゃんのワンコだからというのみならず

小町の大切な家族3人の次に  小町のことを愛しく想っていました。



甲斐犬と紀州犬ミックスの小町

女の子でありながら リーダーになるタイプのワンコで、 生後2か月でKちゃん家のコになったその時から 

『アタシは 簡単にヒトに従がったりはしないワヨ』 オーラがプンプンのコでした。





それでも 子供の時から知っている私には懐いてくれて、
洋犬であるグレイとはまた違った 和犬の魅力に満ち溢れているコでした。

どこのお家でもそうでしょうが
子供のころの数々の武勇伝は その家の大切なお宝エピソードですよね。
小町の子供のころのエピソードも 私にとっても思わずニヤついてしまうお宝です。



我が家に遊びに来てくれた時など
Kちゃんが 車に荷物を取りに行って姿がみえなくなると ふんふん甘え泣きをしたり、
そのくせ、いざ帰るという段になると
『帰りたくない〜  もっと遊んでいく〜』と 玄関でふんばってみたり、

一旦外に出たものの 車の方向ではなく、Uターンしてまた我が家の玄関に戻ろうとしたり・・・・



13年間 それなりに節目節目で会っているので
いろいろなことが つぎつぎに思い出されます。。。。。。





rb_IMG_0729.JPG

ワンコの顔を見ると いかに家族に愛されていのるかがわかりますよね。 温和でやさしい顔をしていて、私の大好きな写真です。 
これは2009年11月なので 小町11歳の時ですね。






今は。。。。

 

小町とKちゃんがすごく濃い時間を共有できたことが。。。。



小町にとっても・・・     Kちゃんにとっても・・・



ほんとうによかったな。。。。。 



と こころから思っている私なのです...................










. 
ニックネーム GUU at 15:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする